+STRONG

スタッフ紹介

任せてもらえるからこそ挑戦し、 成長もできる。

[整備士]中田 憲吾

PROFILE

整備士2014年入社
新門司営業所

整備士として新卒入社し、フォークリフトの法定点検や修理などを実施するサービスマンに。主に巡回車に乗って担当エリアのお客様を訪問し、緊急の修理依頼などにも対応している。

入社したいと思ったきっかけは?

「新しいことをやるんだ!」
というわくわくした気持ちに

学生時代に自動車整備のことは学んでいたのですが、フォークリフトについては全く分からない状態でした。だからこそ「おもしろそう!」と直感的に感じたし、「新しいことをやるんだ!」というわくわくした気持ちになったことを覚えています。もちろん入社当初は、自動車との違いに戸惑うことも少なからずあったと思います。けれど、やっているうちに新たな知識や技術を身につけることができ、どんどんおもしろくなっていきました。今は入社5年目ですが、まだまだ毎日がいろんな驚きや発見でいっぱいですね。

自分自身をもどかしく感じることも

触ったことのない機種もたくさんあります。最近のことで印象に残っているのが、スプレッダーと呼ばれる大型リフトの組み立てと解体を行ったことです。海運用コンテナの積み下ろしをするリフトなので、高さは7メートルくらいあるでしょうか。その圧倒的な大きさにまずは驚かされ、組み立てた後に、実際に動く様子を見ると、またさらに感激でした。
技術的にも経験も、まだまだ甘いなあと自分自身をもどかしく感じることもよくあります。まったく先輩たちには及びませんが、少しでも近づいていけるよう、がんばりたいですね。

仕事のやりがいを感じるのは?

お客様との関わりによって得られるものが多い

お客様との関わりによって
得られるものが多い

入社するまでは知らなかったのですが、当社では、整備士もお客様といろいろなお話をさせていただく機会があります。整備士も担当エリアを持ち、毎日さまざまなお客様の現場をご訪問し、メンテナンスを行ったり、必要に応じて修理のご相談をお受けしたりしています。
整備士といえば工場が仕事場になるとばかり思っていたので、いろんな企業を訪問するというのは、最初はちょっと意外でした。今ではお客様との関わりがあるからこそ、得られるものが多いことを実感しています。

工場で待っているだけでは学べない

お客様にお会いして仕事の話をお聞きしたり、実際にフォークリフトをご使用になる現場を見せていただいたりすることによって、「ここに気をつけてメンテナンスしよう」とか「オイル交換の頻度を変えてみよう」など、よりお客様に合った整備ができるようになります。そのことが、お客様の満足度の向上につながると嬉しいですね。

お客様からは、いろんな業種についての話を聞かせていただくことができます。工場で待っているだけでは、決して見たり聞いたりできなかったことを、たくさん学ばせていただいていると感じています。

あなたにとっての「力」とは?

心強いバックアップが挑戦する力になる

何よりも、先輩や上司によるサポートが力になっていますね。まだまだ未熟な私が、一人でお客様のところへ行かせていただき、経験したことのない機械のトラブルやメンテナンスにも臆することなく挑戦できるのは、いつでもバックアップしてくれる先輩や上司の存在があるからこそ。
触ったことのない機種でもまずは自分で触ってみて、分からなければ電話で聞きます。聞いたからといって思ったようにうまくいかないこともあり、すごく苦労することもありますが、そうやって任せてもらえることで、成長できる部分は大きいのではないでしょうか。

一つ一つの積み重ねで今の自分がある

与えられた仕事をこなすだけでなく、お客様にお会いして、自分の考えで修理方法を決めたり、金額的な交渉を行ったりすることもあります。「任せてもらえる」ということは、責任も伴うので、後で「しまった!」と反省することもありますよ。でも振り返ってみると、そうした失敗も含めた一つ一つの積み重ねによって、今の自分があるんですね。

PAGE TOP